アルパカストーブを塗装【DIY】

津市久居のじねん堂はり灸治療院です。

 

昨年からCORONAの石油ストーブを玄関に設置しています。

暖房出力6.59kW、木造17畳・コンクリート23畳まで対応するハイパワーのもの。

玄関ホールと待合室と治療室を合わせるとそれくらいの広さになるので、ちょうど良いかなと思ったのですが…

 

結果、玄関ホールは灼熱になれど治療室がそれほど温まらず

サーキュレータの向きを工夫してもなかなか思うようにいかず

治療室はエアコンを稼働させる

 

…という状態でした。

 

極寒の日であれば待合が快適温度になりますけれど、そんな日は温暖な津市南部には年に数日なのです。

 

ですから今年はもう少し出力の小さいものを導入することに。

 

そこで白羽の矢が立ったのが、アルパカストーブのTS-77Aでございます。(フジカハイペットは予算と納期の問題で断念)

出力は3.84kW、10畳弱の能力でしょうか。

 

韓ショップに輸入代行を依頼し、5日ほどで到着しました。

段ボールの穴に若干の不安を感じつつ、開封の儀。

 

アルパカストーブの梱包

上部に穴

 

天板が透明の梱包テープで止められていて、それを剥がして残ったノリにも若干の不満。

 

アルパカストーブの天板

ちゃんと剥がせるかなあ…

 

燃焼筒は段ボールでしっかり固定されていました。

燃焼筒にはガラスが使われていますから、移動の際には気をつけないといけませんね。

奥に写っているのは専用のケースです。

 

アルパカストーブの燃焼筒は段ボールでしっかり

ここはしっかり

 

各所のネジを外して分解していきます。

結構表面がアブラぎっているように思えます。

 

アルパカストーブの燃焼筒を固定するネジ

簡単にはずれます

 

耐震自動消火装置付き。

“コマ”がむき出しで素敵です。

 

アルパカストーブの芯を外す

カッパ~ン

 

CORONAのストーブよろしくアイボリーに塗装します。

近所のホームセンターでシリコンラッカースプレーを購入。

 

シリコンラッカースプレー

どこにでもあるスプレー塗料

 

「ラッカー薄め液」で塗装部全体を拭いてから、塗料を吹き付けていきます。

30分ほど時間を置きながら3度塗り。

1時間乾燥させて裏側も同様に。

 

アルパカストーブの塗装

1回目の塗装

 

夕方から始めたので、夜中までかけて完成となりました。

艶々で素敵です。

 

アルパカストーブ塗装、一応の完成

天板は無塗装

 

天板が黒いのが気になるなあ…。

使用感はまた後日レポートします。

 

アクセス

津市久居北口町15-7

TEL:059-256-5110

営業時間
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~15時
休業

お問い合わせ

※お問い合わせは下のメールフォームからも可能です

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで