reha_kanban1

腰痛、肩こり、肩関節・膝関節・足関節の痛み・故障、スポーツ傷害など、運動器の症状にお悩みの方が、鍼灸やマッサージ、整骨院、整体を利用されたとき、それらの施設では道具や機械や手を使って、筋緊張を緩めたり左右差を整えたり、痛みを緩和したり、硬くなった関節を動かしたりするのが一般的です。

では、鍼灸やマッサージ、手技療法や物理療法だけで、弱ってしまった筋肉を強くしたり、覚えてしまった“間違った身体の使い方”を修正したり出来るでしょうか。

残念ながら、それはかなり難しいと言えます。

弱ってしまった筋肉を強くしたり、覚えてしまった “間違った身体の使い方” を修正したりするには、適切な処方による運動療法・機能訓練が欠かせません

じねん堂鍼灸療院では、鍼灸・手技療法に並行、あるいはそれらの次の段階として、積極的に運動療法・機能訓練を行っています。

 

運動療法機能訓練技能とは

厚生労働省の指導監督のもと、公益社団法人 全国病院理学療法協会が講習・試験を実施する認定資格です。この認定を得ることで、理学療法士以外の理学療法従事者がリハビリテーション業務に従事する際に、理学療法の保険算定要員となることが出来ます。
本資格の認定者は、リハビリの専門資格である理学療法士に準じた知識・技術を保持していると考えることができます。

 

⇒運動療法・機能訓練の事例を見る

 

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文