首・肩の痛み

施術者のコメント

肩部の慢性的な疲労と、可動域の左右差に対して施術した事例。

ウェイトトレーニングをされており、“身体各部がうまく動かない状態”でトレーニングを継続することにより症状を長引かせている(あるいは悪化させている)事が考えられましたので、トレーニングフォームの改善や採用する種目の選定も行いました。鍼灸治療は毎回行い、不定期でジムでのトレーニングを想定したパーソナルトレーニングを実施するという形です。

最終的に「痛みが出ることはあるが自分で対処できる」状態となり、治療終了となりました。