OT

施術者のコメント

お腹の奥の方がズキンとし、さらに腰がガクンとなって生じた「ぎっくり腰」の痛みが長引き、来院されました。

症状改善のために行っていたトレーニング方法にエラーがあり、むしろ増悪要因になっていると考えられたので、トレーニング方法を修正するとともに、過緊張となっていた筋肉への鍼灸を行いました。あわせて当該筋のストレッチをホームプログラムに加え、比較的早期に症状を改善させることができました。

患者様にご自宅でトレーニングをしていただく際は、例えば「腹筋をしてくださいね。」と言って仕舞いにするのではなく、初回に丁寧な指導を行うのはもちろん、定期的なフォームチェックやプログラムの変更(更新)が必要となります。弊院で特に心掛けていることのひとつです。