肩こり・腰痛、リハビリ、筋トレ・ダイエットなど、加圧を含めたレジスタンストレーニングと鍼灸・手技療法で、三重県津市を中心とした皆様のニーズにお応えしています。

じねん堂の特徴

  • HOME »
  • じねん堂の特徴

初めての方へ:じねん堂の特徴

はりきゅうにはこだわりません。治療にこだわります。

整体やマッサージなど、どこに行っても治らない痛みの治療や、不妊・自律神経疾患などの治療を目的とする場合、鍼灸専門…特に東洋医学的な鍼灸のみで治療をしている治療院を選ぶことはお勧めできません。

東洋医学的な鍼灸専門の治療院でよく見かける謳い文句は…

マッサージや整体などを併用する治療院は、鍼灸の腕が悪いからそうせざるを得ないのです。

その様な治療院では本当の意味の「治療」ができません。「慰安」を目的にしています。

東洋医学で“気”を調整し、「治療」にこだわる鍼灸専門の治療院を選びましょう。

お寿司を食べる時、ファミレスで出すお寿司とカウンターで出されるお寿司、どちらが美味しいと思いますか?

といった類のものですが、彼らは東洋医学的な鍼灸の手法に固執するあまり、「治療にこだわるが故に手技療法や機能訓練を併用する」という考えが欠落してしまっています。

ph_kodawaranai確かに、寿司を食べるならファミリーレストランよりも寿司屋のカウンターで食べる方が美味しいでしょう。

しかし、和食(治療の手法)は寿司(鍼灸)だけではありません。料亭で食す会席料理の中に美味しい寿司が含まれていれば、満足度(治療効果)も高いのではないでしょうか。

どこに行っても治らない痛みや、自律神経疾患などの治療は、いくつかの手法を組み合わせた方が改善しやすい場合が多いです(事例紹介のなかでいくつか取り上げました→■,■)。また、不妊の場合も同様で、鍼灸の適応である“機能的問題”による不妊であっても、東洋医学的な鍼灸だけではなかなか改善が難しい例があるのです。

じねん堂鍼灸療院は、東洋医学的な鍼灸だけでなく、解剖学的知識やデータに基づいた鍼灸、手技療法、運動療法・機能訓練などを適宜組み合わせて行うことが、苦痛改善への近道と考えています

もちろん、施術者が複数の手法を高いレベルで提供するためには、それ相応の努力と時間が必要です。じねん堂の施術者は鍼灸師になって19年。“会席料理”を提供しようと思い立って15年。理想の治療を念頭に、研鑽をつんでまいりました。

じねん堂の施術には東洋医学的な鍼灸専門でないからこその強味がある。と、確信しております。

運動指導・運動療法が得意です。

じねん堂の施術者は、スポーツ傷害のリハビリに力を入れている整形外科やメディカルフィットネスクラブでの勤務を経て、三重県初、全国でも65番目の加圧筋力トレーニング指導者となり、プロ・アマスポーツ選手へのフィジカルトレーニング指導や運動療法・機能訓練業務に従事してきました。施術者自身も空道(着衣総合武道)の競技者として自らをコンディショニングし、西日本大会優勝、全国大会出場などの実績を上げています。

また、ノルディックウph_undouォーキングのインストラクターとして、自治体や企業が主催するイベント等での指導も行っており、毎年3月に津市美杉で行われる「ノルディックウォーキング競技会」では、第1回目から審査員を務めています。

競技力向上・リハビリ・健康維持・筋力アップ・ダイエットなどの目的、体力、性別、年齢を問わず、適切な運動指導が可能です。

身体全体を診て、治療しています。

ph_zenshin接骨院などでも鍼灸治療を受けることは可能です。

しかし、腰といえば腰だけ、肩が痛いといえば肩だけにはりを刺したり、お灸をすえたりする局所的な治療の場合が殆どです。

頑固な痛みは痛んでいる箇所だけではなく、身体各所、自律神経系、精神状態などの複雑な絡み合いを解きほぐしながら全体的に治療していく必要があります。

腰・ひざなど複数の部位に亘って症状がでている場合や、不妊症・自律神経症状などの全身症状に対しては、鍼灸師だからこそ可能な「全身の状態を観察する技術・全身の状態を整える技術」が必要です。

弊院は身体全体の症状を診る意識を持った治療院です。

心身の調子を整える経絡治療が行えます。

ph_senmonじねん堂鍼灸療院は、現代医学的な知識やデータに基づいた鍼灸、東洋医学の考えに基づいた「脉診流経絡治療(みゃくしんりゅうけいらくちりょう)」、手技療法、運動療法・機能訓練を組み合わせながら、患者様個人個人の症状に合わせた治療を行います。

中でも経絡治療は少し特殊な手法です。

人間の身体には12本の経絡がめぐっており、心身に必要なエネルギーを巡らせていると考えられています。

経絡の流れがスムーズであるときは元気な状態でいられますが、何らかの原因で経絡の流れが滞ったり、アンバランスになってしまうことで身体の不調を感じてしまうのです。

経絡治療はこのアンバランスを整えることで、身体の自然治癒力を引出し、病気や不調を改善するお手伝いをします。

腰痛や肩こりだけでなく、様々な症状に対応できるのが、経絡治療の優れたところです。複数の症状でお悩みの場合も遠慮せずご相談ください。

学会などで勉強を続けています

鍼灸院では、東洋医学・西洋医学の両方の立場からアドバイスを受けることができるのがメリットです。

病院で聞けなかったこと、不安なことを解決できる場として役立てるよう、我々は日々勉強を重ねています。

医学は常に進歩しています。じねん堂は学会などで最新の医学的知識や鍼灸技術を学ぶだけでなく、症例・研究発表も行い、知識・技術の向上に努めています。

東洋はり医学会

mark_toyohari施術者が所属している東洋はり医学会は、脈診流経絡治療による「はり専門家」を育成する鍼灸師の学術団体です。

昭和34年発足以来、50年以上の歴史があります。

国内外1,300人をこえる会員が、毎月のように集い、鍼灸の技術習得に励んでいます。

施術者は東洋はり医学会三重支部の支部長を務めています。

全国病院理学療法協会

mark_zenbyouri全国病院理学療法協会は、保健・医療・福祉、並びに介護の領域において、医師の指示のもとで理学療法業務に従事しているあんまマッサージ師・はり師・きゅう師・柔道整復師等を中心に、昭和23年に組織されました。

協会が開催する「運動療法機能訓練技能講習会」を修了し認定試験に合格した「技能認定登録者(課題学習などの単位取得による登録更新制)」は、運動器リハビリテーションの施設、並びに脳血管疾患等リハビリテーションの施設における算定要員として認められます。

理学療法従事者にとっての準公的資格と位置付けられる本認定を、じねん堂の施術者は取得し、更新しています。

症状および治療計画の説明、個別指導を丁寧に行います。

ph_setsumei鍼灸院に行って、はりをしてもらった。

しかし、先生から今ご自分の身体の状態がどうなのか、次はいつ来たらいいのか、そもそも治療にはどれくらいの期間がかかるのか…。

説明がなく戸惑ったことはありませんか?

通り一辺倒の通院指示をプリントで渡されたことはありませんか?

患者様の症状、体質によって、治療の進めかたには個人差があります。

当院では施術後に必ず現在の身体の状態と、今後の治療計画や見通しについてお話しをさせていただいております。

原則お帰りの際に次回来院の予約をしていただきますので、「いつ来たらいいの?」と不安になることもありません。

また、「メンテナンスに通いなさい。」など、いつまでも通院するように引き留めることもありません。

症状をみながら積極的に通院間隔を開け、なるべく早く“卒業”していただきたいと考えています。もちろん、再び症状が出てきた、あるいは出てきそうになった時にご連絡いただければ喜んで治療させていただきます。(なお、このような場合にご自身で対処できるよう準備することも弊院の治療の一環です)

 

PAGETOP
Copyright © じねん堂鍼灸療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.