首のしこり・頸椎捻挫後遺症(むちうち後の痛み)

施術者のコメント

不良姿勢の改善により、諸症状が寛解した事例。

頸椎捻挫後遺症(むちうち)の既往があり、頚部に硬い「しこり」が幾つかできていましたので、頚部の筋肉に対しての鍼灸とモビリゼーションを行いました。

腰背部の筋緊張に左右差が大きく、いわゆる骨盤の歪んだ状態(註:実際には骨盤輪の歪みはありません)でしたので、胸部、肩甲帯、腰部、股関節、下腿への処置も行いました。

筋緊張の左右差が少ない状態を保持できるよう、姿勢改善のためのホームプログラムを作成し、積極的に行っていただきました。

1クール(2か月)に満たない治療期間でしたが、第三者が見て分かるほどに普段の姿勢が改善し、頚部の「しこり」も少なくなったとのことです。

  • お問い合わせ

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • NO IMAGE
    この記事はいかがでしたでしょうか。
    是非じねん堂はり灸治療院の最新ニュース情報を、
    いいねしてチェックしてください!