自転車競技に適した力発揮と持久力の向上を目指した事例。

ヒアリングの結果、筋肉内の乳酸濃度を高く保つ耐乳酸トレーニングと、乳酸をエネルギー源として再利用する能力を養う有酸素運動とが必要との結論に至りましたが、トレーニング時間の関係から、弊院では耐乳酸トレーニングを主に行い、有酸素運動に関してはご自身で行っていただくという方針となりました。

自転車競技_耐乳酸能

筋肥大の為のトレーニングと、インターバルトレーニングを組み合わせて行い、加圧も利用しました。体感強度はかなり高いものとなっています。

  • お問い合わせ

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

  • 乳酸耐性獲得・自転車競技
    この記事はいかがでしたでしょうか。
    是非じねん堂はり灸治療院の最新ニュース情報を、
    いいねしてチェックしてください!