鍼灸師よ、脱力の方法論を武道に求めるなかれ

先日、鍼灸師の集まりで、治療者の脱力や患者との“間合い”の重要性について話題になりました。治療者に力みがあると、患者の所見を正確に捉えられないし、鍼の良好な影響も与えられないというのがその主旨。たしかに、治療者の心身共...