【大胸筋】チェストプレスの記録を半年で25kgアップ!

トレーナー自身の事例を紹介します。

 

一昨年の夏をピークに、怠けに怠けて125キロが挙がらなくなったスミスマシンチェストプレス。

胸周りの筋肉も寂しくなってきたと感じたので、ここ数年のピークである150キロを目指して4月からトレーニングしてきました。

その結果、ズル(いわゆるケツ上げ)しつつならば150kgを挙上できるようになりました!

145kgならば厳密なフォームを保ったまま挙上が可能ですし、この調子なら年内に150kgでも可能になるでしょう。良い感じです。

 

トレーニングは、週1ないし2回の頻度で1回45分。胸と肩と背中の種目を1~3種目ずつ行いました。

高重量で少ない回数を挙上したり、中等度で挙上回数を増やしたり、可動範囲を工夫したり。種目はほぼ固定でしたが、”セットの組みかた”を適宜変化させて発達を促しました。

 

過去に挙上できていた重量とはいえ、なかなか良いペースで筋力をアップさせられたのではないかと思います。

アクセス

津市久居北口町15-7

TEL:059-256-5110

営業時間
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~15時
休業

お問い合わせ

※お問い合わせは下のメールフォームからも可能です
携帯電話、スマートフォンからのお問い合わせに対する返信メールが届かない事態が頻発しております。
「info@zinendo.jp」からのメールを受信できるよう、設定の変更をお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで