腰痛・肩こり・関節痛・スポーツ傷害には、専門家の指導する運動療法・機能訓練を!

腰痛、肩こり、肩関節・膝関節・足関節の痛み・故障、スポーツ傷害など、運動器の症状にお悩みの場合、筋肉を鍛えることが有効であるのは疑いようもない事実です。

とはいえそれは、ただ単に筋肉を大きくしたり筋力を強くしたりするのとは“鍛える”の意味合いが違ってきます。

関節を動かす際にはたくさんの筋肉が協調して働きます。

安定させる、力強く動かす、補助的に働く…など、沢山の仕事が同時に行われているのです。

慢性の疼痛や外傷・障害がある場合、これらの協調性を損なっていることが多々あります。

弱ってしまった筋力を基に戻すのはもちろん、破綻してしまった協調性を再獲得することがじねん堂のパーソナルトレーニングの目的であり、その手段が、運動療法・機能訓練なのです。

「機能」と聞くと、流行の体幹トレーニングやファンクショナルトレーニングを連想するかもしれませんが、機能訓練が必要なかたの場合、一般的なパーソナルトレーニングジムで提供されている体幹トレーニングやファンクショナルトレーニングと呼ばれるものよりも、より医学的知識に基づいた慎重なアプローチが必要なことが多い印象です。

その点、じねん堂のトレーナーは整形外科のリハビリ室に勤務経験があり、リハビリテーション関連資格である「運動療法機能訓練技能」の認定者。
認定取得後も継続的に研修を受けたり学会で発表をしたり、時には指導者として登壇したりして、技能の維持・向上に努めています。

運動器の不調を抱えたかたの運動には、じねん堂の提供するパーソナルトレーニングをおすすめします。

 

鍼灸やマッサージ、整体だけではダメなの?
トレーナー 西出

ダメではありませんが、足りません。

たとえば鍼灸やマッサージ、整骨院、整体を利用されたとき…。

それらの施設では道具や機械や手を使って、筋緊張を緩めたり左右差を整えたり、痛みを緩和したり、硬くなった関節を動かしたりするのが一般的です。

筋緊張を緩和したり痛みを取り除いたりすることは、先ず第一に行わなければならないことではありますし、じねん堂でも鍼灸を用いてアプローチしています。

しかし、想像してみてください。

鍼灸やマッサージ、手技療法や物理療法だけで、弱ってしまった筋肉を強くしたり、覚えてしまった“間違った身体の使い方”を修正したり出来るでしょうか。

残念ながら、それはかなり難しいと言えます。

弱ってしまった筋肉を強くしたり、覚えてしまった “間違った身体の使い方” を修正したりするには、適切な処方による運動療法・機能訓練が欠かせないのです!

なお、EMSによるインナーマッスルトレーニングに関して。じねん堂は懐疑的な立場です。詳しくは「EMSでダイエットをする前に知っておきたい大切なこと」をご高覧下さい。

 

運動療法機能訓練技能とは

厚生労働省の指導監督のもと、公益社団法人 全国病院理学療法協会が講習・試験を実施する認定資格です。この認定を得ることで、理学療法士以外の理学療法従事者がリハビリテーション業務に従事する際に、理学療法の保険算定要員となることが出来ます。
本資格の認定者は、リハビリの専門資格である理学療法士に準じた知識・技術を保持していると考えることができます。

 

⇒運動療法・機能訓練の事例を見る

 

津市久居北口町15-7

TEL:059-256-5110

営業時間
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~15時
休業

お問い合わせ

※お問い合わせは下のメールフォームからも可能です

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで