サンタクロースにプレゼントを持ってこさせる必要、ある?

クリスマスが近づいてきましたね。

「うちの子供、まだサンタクロースを信じとんの」とか、「学校でいろいろ聞いてきたみたい」とか。

“サンタクロースほんまに居るんか問題”をどのように処理するか、悩む親御さんもいらっしゃることでしょう。

子供の方で感づいて、しれっと過ぎ去っていけばよいのですけれど、「かーちゃん、散々嘘つくな言うといて、サンタこそ嘘やんけ!」なんて傷つく子供もいるかもしれませんね。

 

わが家の場合…

 

子供
サンタさん来てくれるかなあ…
うちにはサンタさん来やへんで。
プレゼントはマスクマンが持ってくるんやで。
マスクオブじねん堂
子供
えー。うそやん。
マスクマン、パパやし。
シー!
それは誰にも言うたらあかん。秘密や。
秘密を守れたらマスクマンが
プレゼント持ってきてくれるで?
マスクオブじねん堂
子供
うそや。
ちゃんとサンタさんが持ってきてくれるし!

 

助手1号が小さい時からこんな感じです。

 

子供がサンタを信じる理由なんて、私に言わせればはただの

ピュアでも何でもありません。

プレゼントが欲しいから。

「エエ子にしとかなサンタさん来やへんで!」と親に言われるから。

一時的に良い子ぶったところで、たかが知れています。

サンタを信じ込ませて子供をコントロールしようとする行為も、好きになれません。

 

それよりも、乗っかって楽しむことを覚えて欲しいなあと、私は思うのです。

 

無駄にサンタの存在を信じるよりも、

 

子供
中身はパパやけど、まあええか。
うぇーい。マスクマーン。
○○ちょうだい♪

 

こっちの方がよっぽど健全でしょう。

 

サンタがマスクマンに変わっただけに見えるかもしれませんが、「本当に存在すると信じている」のと、「正体を知っているけれど敢えて…」の部分。

サンタが実在すると信じ込ませるクソみたいな行為が無いところ。

誕生日以外にプレゼントを貰える“かも”知れないイベントとして、楽しめる心。

これらが大切なのです。

 

あと、“サンタは来ない”だけにせず、わざわざ“うちには来ない”としているのにも理由があるのですよ。

それは、「サンタさんが来てくれるの♪」と信じている余所の子達を無駄に刺激しないため。

余所の家庭には余所の家庭の教育方針がありますものね。

それを壊すつもりはないのです。

 

あなたの家にはサンタがやって来ますか?

 

アクセス

津市久居北口町15-7

TEL:059-256-5110

営業時間
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~15時
休業

お問い合わせ

※お問い合わせは下のメールフォームからも可能です

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで