あしもと

30代の女性、Kさんが、20代前半の頃に体験した話。

 

ある夏の晩、疲れきった身体をベッドに横たえ、Kさんはいつものように常夜灯を点けて眠りについた。

 

どれくらい時間が経ったろうか。

 

グンッ。

 

足首を何者かに掴まれ、足先の方向へ引っ張られたことに気づいた。

とはいえ、いまいち状況がつかめない。自分は足首を引っ張られて目を覚ましたのか、それともまだ夢を見ているのか。

 

グンッ!

 

また引き下げられた。

今度は本当に、身体が足先の方向へずれた。この生々しさは現実だ。

「え、え。何なん?」

 

グンッ!

 

力が強くなっている気がする。

訳の分からないまま、マットレスの両端を掴んで抵抗した。

 

グンッ!

 

ベッドごと引きずられそうな勢いだ。

なぜか怖くはない。ただただ訳が分からない。

 

グンッ!

 

再び引っ張られたときだ。

 

「あ。お母さん!?」

 

Kさんは直感した。

というのも、当時Kさんの母親は大病で入院していて、かなり厳しい状態だったのだ。身体が疲れ切っていたのは、仕事と毎日の見舞いに加え、家事を一手に引き受けていたことも大きかった。

母親が最後のお別れに来てくれたのかもしれない。それならこの不思議な状況にも合点がいく。

さっさと起きろということか。豪快なところもある母親だ。なんとも “らしい” 行為に思えた。

 

Kさんは母の顔を見ようと、頭を起こして足下に目をやった。

 

しかしそこにあったのは、見たこともないおかっぱの少女の顔だった。

誰なん?

 

アクセス

津市久居北口町15-7

TEL:059-256-5110

営業時間
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~15時
休業

お問い合わせ

※お問い合わせは下のメールフォームからも可能です
携帯電話、スマートフォンからのお問い合わせに対する返信メールが届かない事態が頻発しております。
「info@zinendo.jp」からのメールを受信できるよう、設定の変更をお願いいたします。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

    この記事が良かったら、いいねして
    最新記事をチェックしてください!

    Twitterで