出ていく女

家を建てる前に住んでいた2DKのアパート。引っ越してしばらくした頃の出来事です。

この頃のじねん堂は整骨院内で寄生虫のように開院しており、営業時間も整骨院のそれに準じていましたので、12時~15時までの長い昼休みがありました。昼休みはアパートに帰って、ダラダラしたり昼寝したりが日課。

妻は飲食店でのパートで、“ランチ” と “通し” の日は朝から、“ディナー” の日は午後からの出勤でした。

 

初夏のある暑い日のこと。

いつものように昼休みに帰宅して、リビングのソファーにもたれかかってテレビを見ていると、目の端にダイニングを横切って出ていく妻の姿が見えました。

 

「あ。行ってらっしゃ~い♪」

 

何気なく口に出した言葉に、「はっ!」と気付かされました。

 

あいつ。今日は“ランチ”やった!

 

朝も送り出してから子供らを保育園に送ったやないか。
ほしたら、今横切ったのは誰や。
白い服を着た女やった。
なんで女と分かった?
「白い服→妻の制服→女性」という思い込みでか?
いやいや、実際に妻が忘れ物でも取りに帰ってきていたのかも。
それにしては、一声もかけてくれないのは妻らしくない。
よっぽど急いどった?
そもそもいつ帰ってきた。
私が帰ってきてからしばらく経つ。
逆に最初から居ったんなら気付くはずやし…。

 

そういえば、玄関のドアが開く音も閉じる音もしてないぞ?

 

まさかまだ部屋の中におんのか…。

 

私は何も聞かないよう・見ないように、そっと部屋を出て、午後の仕事に向かいました。

位置関係

アクセス

津市久居北口町15-7

TEL:059-256-5110

営業時間
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~15時
休業

お問い合わせ

※お問い合わせは下のメールフォームからも可能です
携帯電話、スマートフォンからのお問い合わせに対する返信メールが届かない事態が頻発しております。
「info@zinendo.jp」からのメールを受信できるよう、設定の変更をお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで