結納の日に

2004年の春。

妻の実家の母屋で結納の儀を執り行いました。

妻の実家は敷地に蔵が二棟あったり田畑や山を所有していたり、曽祖父(?)が村長だったりと、田舎の名家といった具合で、母屋も太い柱や梁が“いかにも”な雰囲気です。

縁側のある南側の広間にて、和やかな雰囲気の中滞りなく儀式は終了。

記念撮影ということで、妻の弟がデジタルカメラで何枚か集合写真を撮影して、市内の寿司屋で食事会をし、解散となりました。

 

数日後のこと。

現像に出していた写真が出来上がってきたのですが、何枚かに不可解なものが写っていることに気づきました。

 

結納の儀を執り行った広間には4畳半ほどの仏間が隣接しています。

当日は部屋を隔てるふすまが開けてあって、仏壇の扉も開いていました。

 

集合写真の端に見えるその仏壇の前に、球状の光…いわゆるオーブらしきものがひとつ、写っていたのです。

次の写真には、さっきよりも仏壇から少し離れてひとつ。

また次の写真にも…。

まるで仏壇から出てきたオーブがふわふわと進んでいるように見えます。

 

そして最後の一枚。

この一枚だけは、すこし様子が違いました。

 

オレンジ色の光が放射状に写っていたのです。

私にはそれが、仏壇から噴出しているように見えました。

 

「うわ。これは…」と、寒気を覚える私をよそに、家族は「不思議な写真だね」とか、「ご先祖様がお祝いに出てきてくれたのかしらね」と和やかムード。

私もその場では話を合わせましたが…。

正味な話、和やかムードどころではありませんでした。

 

なぜなら、オレンジ色は霊的な存在の怒りを象徴すると言われているからです。赤系がダメなんですよね、確か。何年後かに「北野誠のお前ら行くな」でもそのようなことを言っていたなぁ。

思い返せば、写真を撮る際も電源が切れたりシャッターが下りなかったりしていました。

義弟のおっちょこちょいな部分が出たのかと思っていましたが、あれもいわゆる霊現象だったのかもしれません。

 

まったく祝福されてへんがな…。

 


 

(補足)

写真を撮影した際の状況ですが、昼とはいえ、少し暗い古い家の中でしたから、おそらくフラッシュを焚いて撮影していたはずです。したがって、オーブに関してはホコリにフラッシュが反射したものと考えられます。

しかし、オレンジ色の発光に関しては説明がつきません。

フラッシュの光を反射させるようなものは周囲にはありませんし、仏壇自体も金ピカな種類のものではないのです。

外からの光が入ってきているのなら、連続して撮影されたほかの数枚にも光が写り込んでいるはずですが、それもありません。そもそも、仏壇の方向には窓が無く、光の入ってくる要素は皆無なのです。

 

そうそう。妻の家では毎年正月に件の母屋で一族が集まる習わしだったので、私としてはなかなか辛いものがありましたよ。(祖母と義父が亡くなった今では母屋に集まることは無くなりました。)

 

アクセス

津市久居北口町15-7

TEL:059-256-5110

営業時間
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~15時
休業

お問い合わせ

※お問い合わせは下のメールフォームからも可能です
携帯電話、スマートフォンからのお問い合わせに対する返信メールが届かない事態が頻発しております。
「info@zinendo.jp」からのメールを受信できるよう、設定の変更をお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで