美人の新人さん

60代後半~70代と思しき男性、Aさんから伺った話。

 

Aさんが現役の会社員だったころ、所属する部署に女性の新人が配属された。

彼女は美人で人当たりも良く、部署で一番年下ということも手伝ってか、皆に話しかけられ、可愛がられ、すぐに部署のマドンナ的存在となった。

しかし、Aさんはそれほどお近づきになろうとは思えなかったそうだ。

それは、“見える質”の人間として、気になることがあったからに他ならない。

彼女の左肩と右足の周りに纏わりつく、靄(もや)のようなものが見えたのだ。

モヤっと

 

目を凝らすと、それは子供だった。

左肩と、

ぬーん

 

右足に、

にっこり

 

いわゆる水子の霊が憑いていた。

 

「ちょっと大きかったもんでさ、気になってな」

Aさんは言った。

「巨大な水子の霊ってことですか?」

“大きさ”の意味が分からず、私は聞き返した。

するとAさんは、水子の霊に関する自身の見解を教えてくれた。

 

そもそも水子の霊は、いつまでも憑いているものではないそうだ。通常は、憑いてもすぐに取れてしまう。

ただそれは、母体や胎児に生じたどうしようもない・防ぎようのない理由で胎児が命を落とした場合に限る。

逆に、それ以外の理由、たとえば親の身勝手な事情で命を奪われた水子は、念の強さから憑いてしまうとなかなか取れにくい(水子自身の恨みの念なのか親の後悔の念なのかは分からない)。しかも、憑いている間に相手の生気を吸って、生きた人間と同じように成長してしまうのだ。成長することで水子の霊も強くなり、さらに取れにくくなる。

Aさんが気になった“大きさ”とは、胎児の状態から幼児に成長した姿のことを言っていたわけだ。

 

「そんな娘には見えやんかったんやけどな。早く取れたらエエのになぁって、思っとったんさ」

新人さんの憑きものは取れたのだろうか。

 

アクセス

津市久居北口町15-7

TEL:059-256-5110

営業時間
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~15時
休業

お問い合わせ

※お問い合わせは下のメールフォームからも可能です
携帯電話、スマートフォンからのお問い合わせに対する返信メールが届かない事態が頻発しております。
「info@zinendo.jp」からのメールを受信できるよう、設定の変更をお願いいたします。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

    この記事が良かったら、いいねして
    最新記事をチェックしてください!

    Twitterで