似ているようでちょとずつ違う「ひとだま」のはなし

おばけ、幽霊といえば、「ひとだま」がつきもの。

墓地の上にフワフワ浮いているイメージでしょうか。

今回はそんな「ひとだま」について。

ちょっと毛色の違う、でも共通点のあるお話を紹介できればと思います。

 

松阪市でのできごと

Tさんのお母様の体験談です。

10年以上前、親類の葬儀に参列した時のこと。

葬儀には地方や宗派によっていろいろなスタイルがあるわけですが、こちらは自宅でお経をあげて、お骨を寺に納めにいくパターン。

自宅での儀式の後、参列者が寺へ行く準備をしていると、

「おい。あれ、見てみい!」

家の屋根のあたりから現れた火の玉が、しばらくその場に静止した後、ビューンと寺の方に飛んでいったのだとか。

Tさんのお母様だけでなく、その場にいた参列者皆が目撃して、騒然となったそうです。

 

明和町でのできごと

30年ほど前、Iさんが葬儀に参列した際に目撃した現象です。

こちらの葬儀は寺でお経をあげたあと、少し離れたところにある墓まで骨を納めに行くパターン。行列を作って、各々が傘やら米やら、色々な道具を持って歩いていきます。

この日の葬儀も通常通りに寺でお経をあげ、墓へ行く行列の準備をしていたときのこと。

寺の屋根のあたりから光のスジがビュッと墓の方へ飛んでいくのを、その場にいた何人かが見たそうです。

「あれは、ひとだまやで。」

と、Iさんは仰っていました。

 

美杉町でのできごと

こちらは私が誰かから聞いた話ではありませんが、先般も紹介した「美杉村のはなし」に掲載されていたものです。

人だま

昭和10年ごろのことであった。

丹生俣のお薬師さんの近くに指物師を生業にしている人があった。

ある夜、夜なべをしていると、唐戸に住む知り合いが青くなって駆け込んできた。

「で、出たッ!」

知り合いは、歯の根をガチガチ鳴らしていった。

「出たて、何が?」

指物師が聞くと、

「たった今、なかやりの○○さんの家から人だまが出た。青い火が尾を引きながら、ふわふわとこの家の上を通って寺に飛んで行ったが、あんた見なかったか?」

知人はそういって、からだをぶるぶるっと震わせた。

人だまが出た家には、肺を患って長いこと休んでいる人があったが、それからじきに亡くなった。

人だまは、人死ぬ少し前に飛ぶのだそうな。

 

ちょっとずつ違うけれど、似ている…

松阪と明和のひとだま(火の玉)は死んだ後。美杉のひとだまは死ぬすこし前に現れています。しかも前者はまっしぐらに飛んでいくようなスピード感があり、後者は“ふわふわ”というのですから、かなり印象が違います。

しかしいずれの場合も、“次に儀式がある場所”を先取りするように飛んでいくという共通点があって興味深いです。

県内のそれぞれ別の場所で別の時期に、(松阪と明和の件は特に)似通った現象を複数人が目撃しているのこと考えると、ひとだまが本当に存在するのではと思わずには居れません。

ひとだまの正体を、土葬された遺体から発生する各種の可燃性ガスとか、発光性の生物とかだという説もありますが、松阪と明和の事例に関していえば、いずれにも当てはまらないように思えます。ガスが発生する状況であるとは考えにくいですし、日中ですので“発光性の生物”の活動する時間ではないうえに、そういった生物が発する程度の光量では陽光が強すぎて視認できないでしょう。(美杉の件は、夜ですし、フワフワ飛んでいますし、何らかの生物である可能性も否めません)

ロマンですね。

アクセス

津市久居北口町15-7

TEL:059-256-5110

営業時間
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~15時
休業

お問い合わせ

※お問い合わせは下のメールフォームからも可能です
携帯電話、スマートフォンからのお問い合わせに対する返信メールが届かない事態が頻発しております。
「info@zinendo.jp」からのメールを受信できるよう、設定の変更をお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで