痣(あざ)

妻が妊娠中の2006年5月。

妻の祖父が他界したため、その葬儀に参列したときのことです。

祖父の居所である三重県南部の漁師町には、妊婦が葬儀に参列すると何らかの“障り”があるという言い伝えがあり、それを防ぐために腹帯へ鏡を入れるのが風習だったので、妻は腹帯の中に鏡を入れて参列しました。

ところが、いわゆる“天然”なところのある妻は、鏡の反射する面を本来の風習にある外側向きではなく、内側(自分側)に向けて入れてしまったのです。

とはいえ、言い伝えの類に無頓着な私は、「おいおい。逆にしたら効果ないんちゃうの? でもまあ、ええか。」と、笑って済ませていました。

 

それから1年半ほど経った冬のこと。

知人の祖父に当たる方がお亡くなりになりました。

妊婦であるその知人は岡山まで葬儀に参列するつもりでいたのですが、彼の地では、妊婦が葬儀に参列すると赤子にアザが出来るという言い伝えがあり、「だから行かずに家で留守番してたの」だそうです。

 

その話を聞いて、私は背筋の凍る思いがしました。

目立たないところではありますが、確かにあるのです。

妻の祖父の葬儀から4ヵ月後に生まれた長女の身体に直径3センチほどの赤い痣(あざ)が。

 

気にもしていなかった赤い痣。

実はこれが“障り”だったのかもしれませんね。

 

妊娠した状態で葬儀に参列するときは、くれぐれもお気を付けください。

アクセス

津市久居北口町15-7

TEL:059-256-5110

営業時間
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~21時
9時~15時
休業

お問い合わせ

※お問い合わせは下のメールフォームからも可能です
携帯電話、スマートフォンからのお問い合わせに対する返信メールが届かない事態が頻発しております。
「info@zinendo.jp」からのメールを受信できるよう、設定の変更をお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで